パンを食べ過ぎると肌荒れになる?

パンを食べ過ぎると肌荒れになる?

 

 

 

肌の健康にはビタミンB群が必要です。

  • ビタミンB1

    肌代謝を良くしてくれます。

  •  

  • ビタミンB2

    細胞が再生するのを促進したり、
    皮膚や粘膜を健康にしてくれます。

  •  

  • ビタミンB3(ナイアシン)

    皮膚や粘膜の炎症を予防してくれます。

  •  

  • ビタミンB5(パントテン酸)

    皮膚や毛根に栄養を与えたり、コラーゲンの生成を促してくれます。

 

ですが、パンには
糖質や炭水化物がたくさん含まれています。

 

糖質は体内で分解されて吸収されるときに
ビタミンB群を消費してしまいます。

 

炭水化物を摂りすぎると
肌の糖化(肌老化)を引き起こし、

  • 肌のハリがなくなる
  • 肌がたるみ、硬くなる
  • 肌が乾燥する
  • 肌にシミができる

というようなことになりやすくなります。

 

 

つまり、
パンだけが肌荒れを引き起こすのではなく
糖質・炭水化物をたくさん含む、
ラーメン、うどん、パスタ、ごはん等も
同じことが言えます。

 

ですが、だからといって
そういったものを食べないようにするとしたら
ほとんど何も食べられなくなってしまいますし、
糖質も炭水化物も体に必要な栄養素です。

 

要は、
摂りすぎは良くない
ということです。

 

ビタミンB群を含む食べ物を意識して
たくさん摂るようにしつつ、バランス良く食べることが大切です。

 

 

【40代以上におすすめのスキンケア化粧品】

 

 

 

アバタ面の汚肌で
コンプレックスまみれの40代女性が
幸せをつかんだのは
このスキンケアがあったから!
  ↓↓↓
★あの美容部員も隠れて使っている!
美魔女養成コスメを厳選