目のクマがひどい人へ…オススメのコンシーラー化粧品

クマをキレイに隠せるコンシーラー

ケアミネラルコンシーラUV

目のクマがひどい人へ…オススメのコンシーラー化粧品

 

茶クマ、ニキビ跡、シミ、くすみ
などがキレイにカバーできます。

 

 

プレミアム ケアミネラルコンシーラUV

目のクマがひどい人へ…オススメのコンシーラー化粧品

 

濃いシミ、青クマ、くすみ、年齢肌
をナチュラルにカバーしてくれます。

 

これらのコンシーラは
お肌に刺激を与える成分が入っていない
ので、
肌トラブルの心配なく使うことが出来ます。

 

>>肌トラブルなしのコンシーラを24hコスメで購入

 

 

24hコスメでは
肌に優しく安心して使える
化粧品が揃っています。

 

肌に優しく安心して使える24hコスメ

 

>>メイクしながらスキンケアが出来る!24hコスメはコチラ

 

 

 

コンシーラーは肌荒れを悪化させる?

目の下のクマは老け顔になる元です。

 

 

そんな気になる目元のクマを隠すのには
コンシーラーを使うのも
一つの有効な手段です。

 

ですがコンシーラーなどの
ベースメイクに良く使われる成分には
ニキビや肌荒れを悪化させたり、
肌にダメージを与えるものがあります。

 

肌荒れを悪化させる可能性がある成分

石油系界面活性剤

角質層を壊してしまい、
肌のバリア機能を衰えさせる可能性があります。

 

そうなると水分が蒸発して
肌がカサカサになったり、
肌がひりひりしたり、
肌のキメが荒くなったりします。

 

>>石油系界面活性剤を使っていないコンシーラー

 

 

合成防腐剤

防腐剤は
化粧品の品質保持のために使われます。
防腐剤が入っていなければ
使うたびに冷蔵庫に保存しなければいけません。

 

ですが、
使われている防腐剤が
合成防腐剤だった場合、

  • シミ、しわ、かゆみ
  • 喘息
  • 白髪や薄毛
  • 肝臓障害
  • アトピー

などの原因になるという意見や
発がん性の疑いもあるようです。

 

ちなみに防腐剤は
全てが合成のものではなく
植物から抽出した成分を使って
しっかりと保存できるようにしたものもあります。

 

ただ、そういったものというのは
メーカーが安定した試験を繰り返した
限られたものとなります。

 

>>合成防腐剤を使っていないコンシーラー

 

 

タール系色素

メイクによって肌に色をつけたりしますが、
その際、良く使われる成分に
タール系色素があります。

 

ですが、このタール系色素には
色素沈着やくすみの原因となったり、
発ガン性やアレルギーの心配があると言われています。

 

>>タール系色素を使っていないコンシーラー

 

 

石油系ポリマー

石油系ポリマーは
皮膜形成剤として作用し、
汗や皮脂に強く落ちにくいので
ウォータープルーフの商品に多く使われます。

 

それ自体に毒性はありませんが、
肌をビニールコーティングすることで
肌の常在菌が死んでしまい、
肌のバリア機能が損なわれたり、

 

皮脂の分泌量が減ることで
乾燥肌になってしまう可能性があります。

 

また、落ちにくいため
落とす時には強いクレンジングが必要になります。

 

>>石油系ポリマーを使っていないコンシーラー

 

 

シリコン

シリコンは肌に滑らかさを出したり、
化粧品の使い心地を良くするために使われます。

 

ですが石油系ポリマー同様、
肌をコーティングする作用がありますので
美容成分が浸透しにくくなったり、
肌のバリア機能を損なうことにもなりかねません。

 

>>シリコンを使っていないコンシーラー

 

 

パラベン

防腐剤は化粧品を腐敗させないために
必ず必要なものです。
そしてパラベンも防腐剤の一種です。

 

ですが、
パラベンを皮膚に湿布したことにより
皮膚炎や湿疹などのアレルギー疾患
を引き起こした症例があります。

 

>>パラベンを使っていないコンシーラー

 

 

合成香料

香料は良い香りをつけるために使用されます。

 

昔は化粧品に含まれている香料が原因で
アレルギー反応を起こして
シミの元になるといったことが
言われたりしたことがあります。

 

ですが、今では
化粧品の開発技術も発達していて
アレルギーをもっていなければ
あまり問題はないとされています。

 

とはいえ、
肌の弱い方やアレルギーのある方にとっては
“100%肌トラブルの危険性がない”
とは言い切れません。

 

>>合成香料を使っていないコンシーラー

 

 

紫外線吸収剤

紫外線吸収剤とは
紫外線を吸収することで
肌への紫外線を減らす素材です。

 

ですが、紫外線を吸収する際、
化学反応を起こし、
それが人によっては刺激となることがあります。

 

>>紫外線吸収剤を使っていないコンシーラー

 

 

鉱物油

鉱物油は肌の表面に膜を作り
外部の刺激から皮膚を守るために使われます。

 

使われるからには
そういった良い面がありますが、
逆に悪い面もあります。

 

肌を保護しすぎて
毛穴が詰まって肌トラブルの元になったり

 

乾燥肌の人が使い続けると
肌の皮脂を出す力が弱まり、
皮膚の新陳代謝を衰えさせて
乾燥肌を促進させてしまうということもあるようです。

 

>>鉱物油を使っていないコンシーラー

 

 

肌トラブルの元となる成分を使っていない化粧品

24hコスメでは

  • 石油系界面活性剤
  • 合成防腐剤
  • タール系色素
  • 石油系ポリマー
  • シリコン
  • パラベン
  • 合成香料
  • 紫外線吸収剤
  • 鉱物油

といった
肌トラブルを招く可能性のある成分
を使っていない化粧品が揃っています。
  ↓↓↓
24hコスメ